忍者ブログ
MHP3とか 東方とか
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

と思いたい。

永夜抄です。
久しぶりに4面Bの練習をしてて、そろそろルナ打開への手ごたえがあるようなないような。
この前ブログにも書いたけど、結構いい感じに最後の方まで行けたんでとりわけ苦手なとこを練習すれば最終面までは安定できそう、かな。
ずっと3面練習してたんですけど、どう考えても無理ゲーだったエフェメラリティも余裕を持って対処できるようになりまして(成功率はまだまだだけど)、そろそろ3面はいいだろうと練習場所を4面に移したわけです。

誰かが言ってたけど、永夜抄はスペルプラクティス(スペカだけ集中的に練習できる)があるからスペカは慣れるけど、その代わり道中とボス通常がきついってのはまさにあるなあと。
ハード以下ではスペカをどう攻略するかこそがクリアの鍵(つまりスペカに慣れるとクリア同然)でしたが、ルナだと道中やボス通常も含めたプラクティスをよくやるようになりました。
にしてもまずはスペカなので、4面B霧雨魔理沙嬢のスペカ雑感。

・魔空「アステロイドベルト」
悪夢再び。
ハードでもっとも苦しめられたスペカがさらに強力に。
ハードで慣れたから取っ掛かりは掴めるだろうと思ったらそんな事はなかった。
初取得にハード以上の回数を余裕で要求されました。
というのは、ハードだと若干下方右寄りで回避してたのに対し、ルナだと正面下方がいいと気付くまでに結構かかったから。
まあエフェメラリティほどの苦労はせずに(ハードで苦しんだおかげ)慣れました。

・黒魔「イベントホライズン」
最下部付近で当たらないように避ければ割りと簡単ですね。
最初の星の渦はともかく後の星の渦は運が悪いと自機位置に出現するのでそれだけ注意といった感じ。

・恋風「スターライトタイフーン」
上からの小さい星を誘導しつつ下からの大きな星の間を抜けるだけの簡単なお仕事です。
と見せかけて意外と操作ミスでピチュります。
難易度と共に星の密度が上がるのですが、まあ落ち着いてやれば難しくはない印象。

・恋心「ダブルスパーク」
マスタースパークを二つぶっぱする大技。
このスペカだけはノーマルですら苦手だったんですけど、世間的には簡単みたいに言われてて愕然とした記憶がありました。
が、何のことはない、私のやり方が間違ってただけで、私は「ボスは低速」みたいな固定観念に囚われていたんですが、ある時人間状態で移動しても十分弾の間を縫っていけることに気付き、以来このスペルもそれなりの成功率になりましたとさ。

・光撃「シュート・ザ・ムーン」
ぶっちゃけハードより難易度下がってるような……。
むしろノーマルが一番難しかったような……。
ノーマル→下からのレーザーに気をつけながら上からの弾を上手く回避しなければならないが、特定のタイミングでシビアな操作を要求される。
ハード→最初の位置取りが大事で、徐々に追い詰められる。
ルナ→位置取り失敗しても逆側に抜ける事もできるし、単純に横に移動してても逃げ切れる。

・魔砲「ファイナルマスタースパーク」
条件を満たすと発動させてくる魔理沙のラストスペル。
どの面のボスもラスペは失敗しても残機が減らないので、クリア目的ならどうでもいいっちゃどうでもいいですね。
一応、位置取りを決めてパターンを作れば割りと簡単に取得できると思います。
よっぽど位置取りをミスらなければ、あまり難しい回避部分はなさそうなので。


とりあえずこんな感じ。
最近やってて思うんですが、以前より魔理沙に対しての苦手意識がなくなったような。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ プロフィール


owner : Cage
★ 最新コメント
[08/25 Cage]
[08/06 ^^]
[08/19 Cage]
[08/17 名無しのグラディアトーレ]
[08/22 Cage]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ フリーエリア

Copyright (c)空腹のグラディアトーレ All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]