忍者ブログ
MHP3とか 東方とか
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嫌なタイトルだな。


ともあれアンリミです。

資産ランキングなんですが、ついに35位以内まで上り詰めました!
実際はサブキャラを作っててそっちにお金を渡してるんでランキングには載ってないんですが、一応いつでもランキングに顔を出せる状態だったりします。
何で載らないようにしてるかって、それはあれです。
恥ずかしいから。

というかやっぱ、究極強化石を目指したのは正解でした。
初期の頃に原石売りに走ってたら資産が今の倍だった点は残念ですが、究極を彫れる事で様々なメリットがあります。

まず、資金繰りに困らない事。
自分でデッキに行って原石を取ってそれを究極強化石にすれば常にいい値段で売れます。
最近は値段が下がっていると言っても、他のお金稼ぎより割りがいいのは事実。
本気で頑張れば1日1M稼げます。
最近は資産ランキングの一番下の人が7M近くなので、単純に1週間でランキング入りできる金額です。

さらに、露店巡りしてるだけでも小遣いが稼げます。
というのは常に誰かが原石を売ってるんですが、それを買って究極にして転売すれば、わずかですが利益が出ます。
つまり大した労力もなしにゴールドが懐に。
うますぎですね。
究極の値段が下がった事で原石の価格との圧迫が増えましたが、利益が出ないなら誰も原石を買わなくなるので必然的に原石の値段も下がり、結果として究極を彫る人間が最低限の利益を得られるようになってます。


そしてこれ。
強い武器を確保しやすい。
やはりモンスターを倒すゲームですから、一番需要があるのが強い武器です。
昨日できた明星の火+13も、Lv60の物なら3M越えで取引される事も多いです。
そもそも究極強化石がずっと売れ続けるのも、それぞれが自分で武器を鍛えようとするからなんですよね。

でも、ここに落とし穴があって、多くの人は武器強化の成功率に泣きます。
やはり光る武器を持ちたいのが心理としてありますので、+9、+13、本気な方は+17を目指します。
そこで究極強化石を買うわけですが、その挙句強化に失敗すれば武器にかけたゴールドがぱーです。

その点自分で究極を彫れると、少なくとも強化石での破産は防げます。
さらにその強化石を売れば破損防止剤を人から買う資金にもなります。

なので人より強い武器を確保しやすい=狩りの効率が上がるという大きなアドバンテージになりました。
その辺が上手くいきすぎて、楽しくて仕方ないですね。


とまあ究極強化石のおかげで強い武器やゴールドをたやすく入手する事が出来るようになってます。
なによりゴールドがあれば大抵の物が手に入るアンリミ。
今は課金のアイテムだってゲーム内通貨のゴールドで買えちゃいます。
(たまに課金アイテムとゲーム内通貨を交換しようって人がいる)


でも、お金が全てじゃない。

お金じゃ買えない物がありますよ。


そう、私が欲しいのはまさにお金じゃ買えない物。



『燃え盛る翼』です!



あー、早く3層潜りたいな。


燃え盛る翼:現時点での最強の杖。
現在アンリミではLv60でカンストだが、武器の強さは実質Lv90近くに相当する。
+13での攻撃力は昨日の明星の火で6000足らず、以前の最強武器である砂賊の杖で6500程度だったが、燃え盛る翼だと実に9000を超える。
取引不可アイテムのため、人から買うことは不可能。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ プロフィール


owner : Cage
★ 最新コメント
[08/25 Cage]
[08/06 ^^]
[08/19 Cage]
[08/17 名無しのグラディアトーレ]
[08/22 Cage]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ フリーエリア

Copyright (c)空腹のグラディアトーレ All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]