忍者ブログ
MHP3とか 東方とか
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [433
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『プリンシパルたちの休日』コンプしました。
本編のこぼれ話と言うか補足シナリオ的な感じなのかな。
個人的に補完して欲しかった部分もちゃんと書かれててファン的には手を出す価値十分な作品ですね。
とりあえずネタバレ感想。


■麗華&鏡花ルート
麗華も入ってるけど、どちらかというと本編で顔出し程度だった鏡花をクリアできるルートですね。
鏡花みたいなキャラも嫌いじゃないです。
麗華は全ルートで出番が多い割りに主人公と深く絡むよう話がないんですが、このルートですら脇役に徹してるのが唯一の不満でしょうか。

■彩ルート
このルートじゃないけど、キャラのセリフでこういうのがありました。

>彩「これ以上出番を減らされるんですかっ」
>海斗「尊、まさか今回も彩の出番を食う気か!!」


他の人の感想等はまだ見てないんですが、やっぱり本編をプレイして私と同じ事を思った人が多かったんですね。
軽く噴きました。
そういえば忘れてたんですが、本編でも回収されてない伏線の一つに、海斗の担任の素性ってのがあったんですが、このルートでちょっと進展がありました。
詳しくは終末論の方で明らかになりそう、かな。

■妙ルート
馬鹿な子ほど可愛い、というノリでしょうかね。
個人的には理解しにくい感覚なので、単純に麗華含めたみんなの掛け合いを楽しみつつ。

■萌ルート
ぶっちゃけ本編でこういう終わり方をするだろうなって思ってました。
という事で期待してた展開がそのまま見れた感じ。
バッジの話は本編では妙ルートで回収、一部のルートでちょっとだけ触れるって感じでしたが、一応「主人公だけは隙がないから襲えなかった」というちゃんとした理由があったんですね。
やっと(?)襲われてもボディガードのくせに護衛対象の萌に敵を倒させて自分は口出すだけと言う主人公に惚れた。
神崎のじいさんも相変わらずいいキャラしてました。主人公とのキスもあるしな!

■ツキルート
寝る時明かりを消せない主人公とツキのお話。
実は私も寝る時あまり電気を消さない派だったりします。
まあ私は別に消すと寝られないというわけじゃなくて、深夜アニメ観る関係で前後に電気つけっぱの仮眠を挟んでたら寝る時に電気を消すというルーチンがなくなってしまったというだけなんですが。

■杏子ルート
他のルートを終えると出現する、海斗の禁止区域時代の話。
想像以上に深い繋がりがあったんですね。
その割りに海斗はあっさり杏子を捨てて禁止区域を出たわけですが、家族として大切に想ってて、これ以上自分に依存させるわけにはいかなかったという気持ちがあったと。
アキラはやっぱり終末論への伏線ですかね。まさに期待した展開に繋がりそうで、今からwktkです。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   終末    ★ HOME ★    うむ   ≫
★ プロフィール


owner : Cage
★ 最新コメント
[08/25 Cage]
[08/06 ^^]
[08/19 Cage]
[08/17 名無しのグラディアトーレ]
[08/22 Cage]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ フリーエリア

Copyright (c)空腹のグラディアトーレ All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]