忍者ブログ
MHP3とか 東方とか
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意外にもハード詠唱組、あっさりとクリアできました。
あっさりと言っても3回やったわけですが、正直幽冥組より苦労するかもと懸念してたので拍子抜けって気はしますね。
初回こそ4面で死んでこりゃ詰んだかもと思ったりしました。
でも単純にマリス砲を意識しての操作ミスばっかりで、この弾幕が苦手ってのはなかったのでプラクティスより実践だなと。
で、リトライして3回目が被弾少なめだったのでそのままクリアという感じ。

しかし、改めて思うんですがマリス砲の強さは異常ですね。
難しい弾幕やスペカも他キャラの2倍近くの速さで切り抜けられるため、本当にやられる前にやれというノリでいけます。
この火力は癖になる。
そういやマリス砲ってのはタイミングよく低速ボタンを押したり離したりするんですよね。
私はパッドのボタン配置をPSコンでいうところの□にショット、×にボム、R1に低速を配置してるので人差し指だけが異様に疲れるのが唯一の難点ですか。

せっかくなので記念にマリス砲を軽く解説。今更感漂うのは仕様。
永夜抄は基本4組の自機がそれぞれ人間と妖怪の組み合わせになってます。
で、普通にショットを撃った場合は人間のショット、低速ボタンを押してる間のショットは妖怪のショットと切り替わります。
人間状態と妖怪状態では、敵の使い魔に食らい判定、当たり判定のあるなし等色々と違いがありますが、それは割愛。
注目すべきは、人間から妖怪、妖怪から人間に切り替えた際、若干のラグがある事です。
その切り替えラグ中には、切り替える前のキャラのショットが残ります。
例えば霊夢から紫に切り替えると、霊夢が撃ったショットが残ったまま紫のショットも出てる状態。
これは本来大した威力は残ってないみたいなんですが、アリスのショットだけ持続が長いため、魔理沙に切り替えてもそのまま判定が残ってます。
つまり魔理沙状態から一瞬だけアリスに切り替えてアリスのショットを出し、すぐに魔理沙に切り替えると魔理沙状態のままアリスのショットも敵に当てられると。
こうしてマリサのショットとアリスのショットを同時に撃てることからマリス砲と名づけられたみたいですね。
これを利用すると威力が単純計算で2倍になるだけでなく、通常アリス状態では敵の使い魔にショットが当たらないものが魔理沙状態を維持しているために普通に当たってくれるようになります。
5面では雑魚が使い魔から大量の弾幕をばら撒いてくる鬼畜箇所がありますが、このマリス砲だと該当敵が登場した瞬間に使い魔を消し去れるという鬼畜返しな事も可能でした。
ちなみに切り替えのタイミングは、アリスのショットが消えるギリギリに一瞬だけ低速ボタンを押す感じがベターでしょうか。
あんまり頻繁に変えると魔理沙のショットが薄くなる気がします。


さて、ここまで長かったけど、念願のルナですね。
今回も結界組から行ってみたいと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   慧音!!    ★ HOME ★    瀟洒   ≫
★ プロフィール


owner : Cage
★ 最新コメント
[08/25 Cage]
[08/06 ^^]
[08/19 Cage]
[08/17 名無しのグラディアトーレ]
[08/22 Cage]
★ 最新トラックバック
★ ブログ内検索
★ フリーエリア

Copyright (c)空腹のグラディアトーレ All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]